京都市中京区で歯科医院をお探しなら、訪問歯科診療(歯科往診)も行う西大路御池駅3番出口から徒歩3分の西大路御池デンタルクリニックへ。むし歯治療をはじめ、入れ歯・歯周病・セラミック治療・ホワイトニングなど各種治療に対応しています。

歯周病治療

歯周病イメージカット

こんな症状はありませんか?

  • 歯ぐきが腫れて痛い
  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯がグラついて食べ物がよく噛めない
  • 口臭がある

このような症状で来院された方の大半が歯周病です。
できるだけ早く歯科医院に行くことをおすすめします。

歯周病とは

歯周病とは歯周病は、歯周病菌など細菌の感染によって歯ぐきや骨に炎症を起こす病気です。
さらに歯の奥まで炎症が広がると、歯を支える土台である歯槽骨が破壊され、放置していると歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。
しかも、恐ろしいことに歯周病は発症しても痛みがないため、自覚症状のないまま進行します。気付いた頃には、歯周病がかなり進行してしまっているケースもあります。

歯周病と全身疾患との関わり

歯周病を放っておくと、歯周病菌などの細菌が出す物質によって、心臓病や糖尿病、肺炎や口腔癌、また、妊娠している場合は生まれてくる子どもにも影響を与えることが段々と分かってきました。

歯周病の原因

歯周病の原因は歯と歯ぐきの間に溜まる歯垢(プラーク)と歯石の周りに繁殖する細菌です。

歯垢(プラーク)

歯垢とは歯と歯ぐきの間に溜まる乳白色の粘性のある物で細菌の塊です。
歯垢1mg中には10億ほどの細菌が存在するといわれています。
この歯垢の中にむし歯や歯周病の原因となる細菌がひしめいているのです。

バイオフィルム

バイオフィルムは細菌の塊である「歯垢」の強固な集合体です。時間の経過とともに、バイオフィルムへと変化します。殺菌作用のあるだ液を寄せ付けず、むし歯や歯周病を進行させます。

歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病の治療方法

検査を行い、歯周病の進行度を調べます。
初期の段階では歯みがき指導や歯石除去により、歯垢を取り除きます。
歯周ポケットが深くなると、外科的な処置が必要になります。
いずれの場合も治療後は定期的なメンテナンスやチェックを行い、安定した状態が継続するように努めます。
治療期間は歯周病の進行度により異なりますが、歯周基本治療でポケットが浅くなり、歯周外科治療の必要がなければ通常2~3か月程度です。

診査・診断

主な診査の項目には次のようなものがあります。
それぞれの診査結果をもとに診断を行い、治療計画を立てます。

プロ―ピング

プロープという器具を使って、歯周ポケットの深さを確認します。

レントゲン診査

歯槽骨(あごの骨)の状態を確認します。

お口の中の清掃状況を確認

歯垢や歯石の付着具合を確認します。

喫煙の確認

喫煙されている方には1日に吸うタバコの本数や喫煙歴などについて問診します。

全身疾患などについての問診

糖尿病など、歯周病に関連する全身疾患の有無や既往について問診します。

初期治療

歯肉炎や歯周病と診断された場合は、次のような歯周基本治療を行います。

ブラッシング指導

プラークコントロール正しいセルフケアを行えるように、適切な歯の磨き方を指導します。
セルフケアの質を高めることは、将来的に歯を長持ちさせる上で最も重要です。

SRP(歯石除去)

歯石とは歯垢が石灰化してかたくなったものです。セルフケアでは除去できないため、専用の器具で取り除きます。
歯石には歯肉より上にある歯石(縁上歯石)と、歯肉の下に隠れている歯石(縁下歯石)があります。
歯石除去の最も基本的な処置「スケーリング」と「ルートプレーニング」は頭文字をとって「SRP」と略され、治療の際には一連の作業として行われます。

  • スケーリング(scaling)
    「スケーラー」という専用器具を使い、歯根表面の歯垢・歯石などを除去する処置。
  • ルートプレーニング(root planing)
    歯周ポケット内部の歯垢や歯根表面の汚染されたセメント質を除去し、歯の根を滑らかに研磨する処置。

補綴物(ほてつぶつ)のチェック

補綴物(つめもの・かぶせもの)が歯に合っていないと段差やギャップができ、歯垢や歯石が付着しやすくなります。補綴物のチェックを行い、問題がある場合は段差などをなくすための調整や、補綴物を新しく作り直すなどの治療を行います。

咬み合わせのチェック

咬み合わせが悪く、一部の歯に大きな負担がかかると歯周病が悪化することがあるため、咬み合わせの調整を行う場合があります。

再評価(初期治療後)

歯周ポケット説明歯周基本治療を行った後、状態をチェックして再度、歯周ポケットの深さを測ります。
清掃状態や歯ぐきの状態が良好で、歯周ポケットの深さが浅くなればメンテナンスに移ります。清掃状態などが良好であるにも関わらず、ポケットが深い場合は「歯周外科治療」を行うことになります。

歯周外科治療

歯周基本治療で歯周ポケットが改善しない場合には外科的な治療が必要になります。歯ぐきを切開し、歯根を露出させて歯根に付着した歯石や汚れを除去します。
歯周外科治療を行った後は再評価を行い、改善されていればメンテナンスに移ります。

メンテナンス

歯周病治療後は再発を防ぐために、定期的なメンテナンスを行います。
メンテナンスの頻度は通常3~6か月に一度ですが、患者さんの清掃状態や歯周病の度合いにより異なります。

お口のお悩みなら、京都市中京区の当クリニックへ。 TEL 075-432-7593 診療時間 10:00 - 19:00 [ 日・祝日 休診 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 西大路御池デンタルクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.