歯周病治療について

歯周病治療メイン

「国民の生活習慣病」ともいわれている歯周病は、実は歯を失う原因の代表格です。

歯周病は、むし歯と並んで歯科の2大疾患と呼ばれ、歯を失う原因の約50%以上が歯周病を原因としています。歯周病は歯の周りの歯周組織に炎症が起こる疾患です。
また、症状が悪化すると糖尿病などの全身疾患にも影響を及ぼす可能性があります。歯のぐらつきや口臭、歯ぐきの腫れ、ブラッシング時の出血などが見られたら、それは歯周病が進行しているサインです。

下記のような自覚症状が表れたら、自己判断をせずに歯科医師にご相談ください。

こんな症状はありませんか?

  • 歯ぐきが腫れて痛い
  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯がぐらついて食べ物がよく噛めない
  • 口臭がある

このような症状で来院された方の大半が歯周病です。できるだけ早く歯科医院に行くことをおすすめします。

歯周病の症状・原因・進行について

歯周病は歯周病菌など細菌の感染によって、歯ぐきや骨に炎症を起こす病気です。
歯ぐきの赤みや腫れ、出血・口臭といった症状が起こります。また症状が重くなった場合は、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまうこともある病気です。

歯周病は発症しても痛みがないため、自覚症状のないまま進行します。

歯周病とは

歯周病と全身疾患との関わり

歯周病を放置すると歯周病菌などの細菌が出す物質によって、心臓病や糖尿病・肺炎や口腔がんに、また妊娠している場合は生まれてくる子どもにも影響を与えることが分かってきました。

  • 脳血管疾患
  • 動脈硬化
  • 心臓疾患
  • ピロリ菌感染胃疾患
  • 骨粗しょう症
  • 誤嚥性肺炎
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 早期低体重児出産
歯周病と全身疾患との関わり

歯周病の原因

歯肉炎・歯周炎を含む歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきのすき間に潜んでいます。この歯垢の中の細菌が毒素を出し、歯ぐきに炎症を起こします。

歯垢(プラーク)

歯垢とは歯と歯ぐきの間にたまる乳白色の粘性のあるもので生きた細菌の塊です。歯垢1mg中には10億ほどの細菌が存在するといわれています。

バイオフィルム

バイオフィルムは細菌の塊である歯垢の強固な集合体。時間の経過とともに、バイオフィルムへと変化します。殺菌作用のあるだ液を寄せ付けず、むし歯や歯周病を進行させます。

歯周ポケット

歯周病の状態の指標として広く用いられているのが歯周ポケットです。健康な状態でも歯と歯ぐきには1~3mmのすき間があり、歯ぐきに炎症が起きて腫れると深くなり、歯周ポケットと呼ぶようになります。
基本的には4mm以上から歯周病とされます。

異臭ポケット内のバイオフィルム

歯周病の進行

歯周病の進行

健康な状態

  • 歯と歯ぐきのすき間(ポケット)がない
  • 歯ぐきが引き締まっている
STAGE

軽度歯周病

  • 歯ぐきが赤く腫れあがる
  • 歯をみがいたり、かたい物を食べると出血する
STAGE
1

中度歯周病

  • ポケットの炎症が慢性化して骨が溶け始める
  • 口臭もあり歯が浮いたような感じがする
  • 歯がぐらつく
STAGE
2

重度歯周病

  • 歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう
  • 歯根が露出し歯のぐらつきがひどくなる
STAGE
3

歯周病の治療について

日頃から予防をしていれば、歯周病になる可能性は低くなるといわれています。

しかし近年では成人の大半が歯周病になっているという報告もあり、その理由としては歯みがきがうまくできていないことが挙げられます。
また「歯ぎしり」やご自身の「咬み合わせ」も歯周病に大きく関係しています。
当クリニックでは患者さんがなぜ歯周病になったのか?という、汚れや細菌以外の面からもアプローチしていきます。
検査を実施して歯周病の進行度を調べます。初期の段階では歯みがき指導や歯石除去により、プラークを取り除きます。歯周ポケットが深くなると外科的な処置が必要になります。
いずれの場合も治療後は定期的なメンテナンスやチェックを実施して、安定した状態が継続するように努めます。
治療期間は歯周病の進行度により異なりますが、歯周基本治療でポケットが浅くなり、歯周外科治療の必要がなければ通常2~3か月程度です。

診査・診断

主な診査の項目には次のようなものがあります。
それぞれの診査結果をもとに診断を行い、治療計画を立てます。

プロ―ピング検査

プロープという器具を使って、歯周ポケットの深さを確認します。

レントゲン診査

歯槽骨(顎の骨)の状態を確認します。

お口の中の清掃状況を確認

歯垢や歯石の付着具合を確認します。

喫煙の確認

喫煙されている方には1日に吸うたばこの本数や喫煙歴などについて問診します。

全身疾患などについての問診

糖尿病など、歯周病に関連する全身疾患の有無や既往について問診します。

プロ―ピング検査

歯周病の間接的要因について

歯周病は「口腔内の環境」や「生活習慣」にも間接的な原因があるとされています。

  • 口腔内の環境:歯石・不適合な冠(クラウン)・歯ならび・咬み合わせ、など
  • 生活習慣など:ストレス・睡眠不足・運動不足・喫煙・食習慣・歯みがきの習慣、など

初期治療

歯肉炎や歯周病と診断された場合は次のような歯周基本治療を行います。

ブラッシング指導

正しいセルフケアができるように、適切な歯のみがき方を指導いたします。
セルフケアの質を高めることは将来的に歯を長持ちさせる上で最も重要です。

SRP(歯石除去)

歯石とはプラークが石灰化してかたくなったものです。セルフケアでは除去できないため、専用の器具で取り除きます。
歯石除去の最も基本的な処置「スケーリング」と「ルートプレーニング」は頭文字をとって「SRP」と略され、治療の際には一連の作業として行われます。

スケーリング(scaling)

「スケーラー」という専用器具を使い、歯根表面の歯垢・歯石などを除去する処置。

ルートプレーニング(root planing)

歯周ポケット内部の歯垢や歯根表面の汚染されたセメント質を除去し、歯の根を滑らかに研磨する処置。

補綴物(ほてつぶつ)のチェック

補綴物(つめもの・かぶせもの)が歯に合っていないと段差やギャップができ、歯垢や歯石が付着しやすくなります。補綴物のチェックを行い、問題がある場合は、段差などをなくすための調整や補綴物を新しく作り直すなどの治療を行います。

咬み合わせのチェック

咬み合わせが悪く、一部の歯に大きな負担がかかると歯周病が悪化することがあるため、咬み合わせの調整を行う場合があります。

再評価(初期治療後)

歯周基本治療をおこなった後、状態をチェックして再度、歯周ポケットの深さを測ります。
清掃状態や歯ぐきの状態が良好で、歯周ポケットの深さが浅くなればメンテナンスに移ります。清掃状態などが良好であるにもかかわらず、ポケットが深い場合は「歯周外科治療」を行うことになります。

スケーリング

歯周外科治療

歯周基本治療で歯周ポケットが改善しない場合には、外科的な治療が必要になります。歯ぐきを切開し、歯根を露出させて歯根に付着した歯石や汚れを除去します。
歯周外科治療後は再評価を行い、改善されていればメンテナンスに移ります。

メンテナンス

治療後は再発を防ぐために定期的なメンテナンスを実施します。
メンテナンスの頻度は通常2~3か月に一度ですが、患者さんの清掃状態や歯周病の度合いにより異なります。

歯周病危険度チェック

歯周病は、初期の段階では自覚症状が少ない疾患です。

少しでも不安を感じたら、ご自身で「歯周病危険度チェック」をしてみましょう。
4つ以上当てはまるようでしたら、歯周病の恐れがあります。
「もしかして歯周病かも?」と思ったら、早めに歯科医院を受診することが大切です。

No.項目判定
01朝起きた時、口の中がネバネバする
02口臭が気になる
03歯みがきは1分以内、1日1回未満である
04たばこを吸う
05何か気になるところがないと歯科医院には行かない
06ストレスをためこんでいる
07歯が長くなった気がする
08食べ物がはさまりやすくなった(歯と歯の間に隙間ができた)
09歯ぐきを押すと白い膿が出る
10歯みがきをすると出血することがある
11歯ぐきが腫れている
12指で押すとグラグラと動く歯がある
13糖尿病と医者から言われた

チェックによる判定

10個以上
ご自身でも歯周病を自覚しているはずです。早期に治療を受けましょう。

7から9個
歯周病がかなり進行している恐れがあります。すぐに検査をすることをおすすめします。

4から6個
軽度の歯肉炎・歯周炎の可能性があります。放置すると中・重度へと進行してしまいます。歯科医院でしっかり検査しましょう。

1から3個
軽い歯周炎の可能性があります。歯のみがき方を見直してみましょう。

0個
今のところ歯周病の心配はありません。定期的に歯科医院に通って歯石の除去など、予防を続けていきましょう

※あくまでも目安ですので、定期的な検診は欠かせません。

診療のご予約はこちら

「歯が痛い・しみる」「血が出る」など、お口のことで気になることがあれば、
京都市中央区西ノ京東中合町の「西大路御池デンタルクリニック」にご相談ください。