京都市で歯科医院をお探しなら、訪問歯科診療(歯科往診)も行う西大路御池デンタルクリニックへ。むし歯治療をはじめ、入れ歯、歯周病、予防歯科など各種治療に対応。

顎関節症治療

顎関節症の治療について

額関越証の治療について

歯科医院でしっかりと原因を突き止め、適切な治療を受けることが大切です。

顎関節症の代表的な症状

  • 顎が痛む(顎関節症)
  • 口が開かない(開口障害)
  • 顎を動かすと音がする(顎関節雑音)

これらの症状の中で、一つ以上の症状があり、他の疾患がないと診断された病態を「顎関節症」といいます。顎の関節で最も多い病気は「顎関節症」といわれていますが、同じような症状がでる病気も多くあります。
顎関節症になってしまうと、顎の痛みだけでなく、頭痛や肩こりなどの症状へ広がってしまうこともあります。
自覚症状のある方、特に痛みがある場合には早めの受診をおすすめします。

顎関節症の原因

顎関節症は頭の骨(側頭骨)のくぼみ(下顎窩)に下顎の骨(下顎頭)が入り込む構造で、その間にクッションの役割をする関節円板という組織が挟み込まれています。この関節円板にズレが生じ、開閉口の度に引っかかる、こすれて周辺組織が炎症を起こすなど、顎関節症の原因になっていることが多く見られます。
また、発症の原因は複雑で、顎関節症になりやすい要因がいくつか重なり、顎に強い力がかかることで発症するといわれています。

  • 咬み合わせが悪い
  • 歯ぎしりや食いしばりのクセ
  • ムチ打ちなどの外傷
  • ストレス
  • 顎の骨格が小さい
  • 頬杖など、顎に負担をかけるクセ
  • 顎のケガ

顎関節症の治療

顎関節症の治療は手術をしない「保存療法」が基本になります。
原因や症状などに合わせて、さまざまな治療を組み合わせて行います。

認知行動療法

顎関節症の原因となった習慣やクセを自覚させ、取り除くように行動させる療法です。

物理療法

痛みを軽減させるために、患部を温めたり、冷やしたりする療法です。

運動療法

口の開閉や顎の動かし方の訓練をします。
また、頬杖や片噛み、歯ぎしりや食いしばりの禁止など、生活指導も併用します。

スプリント療法

スプリント療法スプリントというマウスピースのような装具を着け、顎関節症への負担を軽減し、食いしばりや歯ぎしりが原因の顎関節症を治療します。

薬物療法

鎮痛剤や筋弛緩剤、抗不安薬、抗うつ剤など、症状に合わせて薬を投与する治療です。

マニュピレーション

顎関節にある関節円板を正しい位置に戻す手技療法です。

外科療法

関節内部の炎症の原因を洗い流す「関節症内洗」、骨と骨の癒着をはがす「関節鏡手術」などがあります。

自宅でできる治療

マッサージ

顎のまわりをやさしくマッサージをして血行を良くします。

湿布

温湿布を使用しますが、急性の場合は冷湿布を使用します。冷やしすぎは血液循環を悪くするので注意が必要です。

姿勢改善

同じ姿勢を長時間とり続けないように、時々ストレッチをしてみましょう。頬杖をつかないようにするなど、姿勢にも注意しましょう。

お口のお悩みなら、京都市中京区の当クリニックへ。 TEL 075-432-7593 診療時間 10:00 - 19:00 [ 日・祝日 休診 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © 西大路御池デンタルクリニック All Rights Reserved.